SERVICE

動物たちは自分で言葉を話すことができません。そこで重要となってくるのが、獣医師と飼い主様とのコミュニケーションです。病気や怪我の治療に取り組むにあたり、十分なご相談と動物たちに対する理解が、最善の治療を施すことに繋がります。


診療科目

一般診療


内科、外科、眼科、皮膚科、歯科、アレルギー検査、血液検査、レントゲン

健康診断


年に1回~2回の健康診断を推奨。特に、7歳以上のペットには定期健診を

予防医療


フィラリア予防、狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、ノミ・ダニ予防など

避妊・去勢


病気の予防や問題行動の軽減のために推奨。生後6ヶ月から手術可能

ペットホテル


完全予約制で一時お預かり。診察時間内でのお預かり・お迎えでお願いします

インターフェロン治療


慢性肝炎の治療

ICGリポソームによる腫瘍治療


ガン腫瘍の治療

半導体レーザーによる腫瘍治療


ガン腫瘍の治療

二次診療施設へのご紹介


最適のご提案

獣医師によるトリミング


トリマーの獣医師

診療対象

犬・猫・ウサギ・ハムスター(ねずみ)


ご来院時のお願い

ワンちゃん:ペットケージまたはリードをつけてきてください。
ネコちゃん:ペットケージまたは布・洗濯ネットなどに入れてきてください。
子犬・子猫:ワクチン接種していない場合、事前に飼い主さんのみでご来院ください。
他県からのご来院:マイクロチップがない場合はご遠慮ください。


診療時間

診療時間 / 午前 9:00 – 12:00 午後 16:00 – 19:00
休診日 / 日曜・祝日


診療料金

初診料 ¥1,000
再診料 ¥700
猫・避妊・去勢手術 メス ¥20,000 / オス ¥15,000
犬・避妊・去勢手術 メス ¥25,000~¥30,000 / オス ¥20,000
ワクチン 犬・8種混合 ¥8,000 / 猫・3種混合 ¥4,000
預かり料 小型犬・猫 / ¥3,000

ICGリポソームとは

当院では鳥取大学の協力のもと、ICGリポソームを用いたガン治療を取り入れております。ICGリポソームとは、「*ICG」分子を結びつけた「*リポソーム」に、複数の抗がん剤を入れて点滴で投与し、がんの場所にだけリポソームが集めてピンポイントで作用させます。また、レーザーを腫瘍に照射することで、がん縮小効果や痛みをやわらげる効果があるとともに、リポソームがより効果を発揮できます。※ICGリポソームは保険対象となります。

リポソーム:ナノメートルサイズでカプセルのように中に薬剤を入れられ、複数の抗がん剤を内包できます。ピンポイントで作用するため、通常の抗がん剤治療で使われる量の1/10で済み、抗がん剤による副作用が抑えられます。
ICG:「レーザー光を吸収しやすい」性質がある色素。腫瘍にICGを注射しレーザーを照射すると、腫瘍が苦手とする熱が発せられるとともに、一重項酸素が発生し、腫瘍細胞を死滅する効果があります。

獣医師によるトリミング

当院では、トリマーの資格を持っている獣医師によるトリミングが可能です。皮膚病を患っていたり、老犬・老猫だったり、四肢に病気を持っている子など、様々な状況を獣医師としての知識を活かしながら、トリミングを行うことができます。
知識のないままトリミングするとワンちゃんやネコちゃんが痛がってしまったり、見た目は綺麗でもその子の持病や状態を理解していないと結果傷つけることになってしまいます。状況や状態に合わせて最善のトリミングを致します。薬浴も可能ですので、まずはご相談ください。

PAGE TOP